研究会デビュー

今年から、会社の華道部以外に、小原流いけばなの研究会にも参加することになりました。
月に一度のペースで南青山にある小原流会館まで行かねばなりません。

小原流会館。なかなか立派なビルです。f0068562_1019561.jpg
ロビーには家元の巨大オブジェ。
f0068562_10262132.jpg
研究会スタート時間まで、待合室で静かに待ちます。
100名近くいたかな。ほとんどが女性です。
f0068562_10345872.jpg
開始のベルが鳴ると、全員一斉に会場まで移動。
自分の番号札が置かれた場所で、黙々と花をいけ始めます。

師匠から事前に聞いていたのは、色んなクラス(レベル)の人たちが一堂に集まり、50分という制限時間内に作品をいけ、先生たちに採点&寸評をいただける会である、ということだけ。
手荷物をどこに置けばいいのか?
みんなが使っている新聞紙なんかは、どこにあるのか?
自分の作業が終わったらどうすればいいのか?
ゴミはどこにどう捨てるのか?

・・・細かいルールがさっぱり?です。
周りは皆ピリピリムードで、とても声をかけられる雰囲気じゃなく008.gif
右往左往していたら、関係者らしき女性が来て説明してくれました。。。ホッ
花材が4本だけだったので30分くらいでいけ終わり、待合室に戻って待機。

終了のベルが鳴ると先生たちが採点に入ります。
採点が終わると再び全員で会場に戻り、作品の前に置かれた点数札で自分の点数を確認します。
私の点数は・・・
f0068562_11252616.jpg
なんと95点! すげー005.gif
100点満点の、どうやら5点刻み採点らしい(推測)です。
f0068562_112618.jpg
「中間枝の薔薇がいい表情を出していますね。バランス良く出来ました。」と、寸評をいただきました012.gif

これまた推測ですが、95点以上だと表彰される仕組みらしいです。
新入りだからなのか?何故か私が代表で呼び出され、賞状を受け取りました。
これです↓
f0068562_1116493.jpg

先生が総評の中で「95点の作品をお手本にするように」と発言をされ、おかげで「写真を撮らせてください」と人が押しかけ、なかなか片付けられないという事態に042.gif
思わぬ高得点は嬉しい驚きだったけど、こんなペーペーなのに先輩方に作品の写真撮られるなんてもう、ホントに冷や汗もので。。
久々に緊張して、どっと疲れました。
[PR]
by sukimawing | 2014-01-19 11:28 | 植物 | Comments(0)

花と猫と酒、ささやかな日常


by すきま
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る